HIRAKATA @ PEACEひらかた@PEACE委員会

しあわせの原点を、かたちにしよう。

しあわせの原点を、かたちにしよう。-ひらかた@PEACE委員会

会員登録

workshop

何が不便?何が便利?枚方の現役ママに聞いてみた!
「理想的な子育てファミリーマンションづくり」
ワークショップの様子

子育て中のママに質問!

「どんな家に住みたい?」

京阪電鉄不動産」と「枚方つーしん」とのコラボ企画

3月31日(木)、4月1日(金)枚方で子育てをしているみなさんにお集まりいただいて
「理想的な子育てファミリーマンションづくり」についての
ワークショップが開催されました。

鍵屋別館3階にて開催された当日の様子

コーディネーターとして進行していただいたAsMama代表の甲田恵子さん

子育てシェアの運営、及びママサポーター育成や、地域で頼り合えるつながりづくりのための交流イベントなどを行うAsMamaにご協力いただき、意見交換をスムーズに行えるように、場を盛り上げ、また初対面のママ達に交流を持ってもらえるよう進行してくれました。

株式会社AsMama(公式サイト)

10:00〜 午前の部

午前の部には、9名のママ達が参加してくれました。
前に立ってお話をしてくれているのが、AsMama代表の甲田さん。

そして、甲田さんと同じ「AsMama」のオレンジTシャツを着たスタッフは、ママサポーターの皆さんです。
みなさん現役子育てママです!

参加していただいたママ達のお子さんは、5階で別にママサポーターが託児を引き受けてくれています。

保育士として10〜20年勤めていた経験のあるママサポーターの方もいらっしゃるので、子どもたちも楽しそう!

中にはなんと、今日初めてママから離れて待っていられたというお子さんも。
こんな様子なら、ママも安心ですね。

さて、参加ママ達はまず自己紹介。

ほとんど初対面のママ同士なので、みなさん緊張されていました。

自己紹介では、各自
・名前
・家族構成
・今住んでいる家(マンション)について

などをお話していただきました。

続いては、3人グループに分かれてグループディスカッション。
午前の部では、テーブルごとにA、B、Cチームと分かれました。

★テーマ1「整理整頓について」
・家の中でもっとこうしたら整理できる
・こうだったらよかったのにと思ったこと

などについて話し合います。

チーム内で、書記・タイムキーパー・発表する人と役割を決めます。
Bチームでは、キッチンについて盛り上がっていました。

子育て中、住まいに思うことは色々ありますよね〜。
初対面とは思えないくらい、みなさんお話されていました。

書記の方は、付箋メモに意見を記入していきます。

そして、発表!!

書記の人が書いた付箋メモをボードに張りながら、発表していきます。

この時に出た意見は、

・おもちゃなどは飾るように、見せる収納を工夫
・断捨離を行って、なるべく収納から溢れないようにする
・玄関にコートなどをしまえるスペースが欲しい
・見えなくしてしまえる収納が理想
・水まわりにもっと収納が欲しい
・はしごを使うロフト収納は格好いいが使いづらい

普段生活の中で感じていることなど、経験を踏まえての意見。
生の声はとても参考になります。

「なるほどー!」と思わず唸る意見も多数でていましたよー。

この後も、

★テーマ2「子育てで欲しい設備」(安全・安心・収納)
★テーマ3「マンション共用施設」(コミュニティに望むもの)
★テーマ4「託児や家事などのサービス」

という各テーマについて話し合い・発表を行いました。

みなさん、とても楽しそうです。
コンセントは下じゃなくて、上にあると実は使いやすい!」という話しや、

「母親って体調を壊したときも、なかなか病院にも行けない。
でも、病院に行く間少しだけでも子どもを見てくれる施設がマンションに欲しいですね〜」

同じマンション内でも、キッチンやバスルーム、収納も色んなアレンジができればもっといいと思う。
あと、コンセントはほんとにたくさん必要!中学、高校になったら子ども達が携帯を充電するのに、コンセントを取り合ってる!(笑)」

それぞれのチームで盛り上がっていました。

ママサポーターの皆さんも、話し合いもサポートしながら、同じママとしてアドバイスしたり共感したり。

続いては、
こんなマンションどうですか?
京阪電鉄不動産から提案されたマンション施設について意見交換。

マンションコミュニティ施設についての案をご紹介していただきました。

「このようなみんなで楽しめる共有空間はいかがでしょうか?
キッチンスペースもあって、ワークショップの開催も行えます。
開放的なウッドデッキと、ゆっくりくつろげるソファなども置けます。」


また、別の案では、1人でも楽しめる共有空間や子どもを遊ばせられるコミュニティスペースなどをご紹介していただきました。

「子どもたちが集まって、宿題なんかもできそうですねー!」

さらに、マンションのプランについて、

・ALL洋室(3LDK)
・収納充実(3LDK)
・リビング広々(2LDK)

上記の3タイプから、自分が選びたいと思う間取りを選んでもらいました。

こちらの回では、圧倒的にリビング広々派が多かったです。

14:00〜 午後の部

さて、14:00からは午後の部。

こちらでは、6名のママ達が参加してくれました。
テーブルをひとつにして、自己紹介から始まりました。

そして、午前と同じくグループに分かれてディスカッション。

2人ずつで話し合い・発表します。

こちらの部でも初対面のママ同士、お家の話で盛り上がっていました。

ママと一緒に参加している赤ちゃんは、ママサポーターが見てくれます。

この日は生後1ヶ月の赤ちゃんも〜。
「ほんとにかわいい!今日はとってもハッピー❤」とママサポーターも癒やされたそうです。

そして、グループごとに発表していきます。
「ドアのレールは下ではなくて上にある方が、床のゴミやホコリがレールに入ることがないので、オススメです。」

キッチンの作業スペースには、もっとコンセントを付けて欲しい!子どものミルク用のお湯をポットで沸かしたり、洗浄機の電源にほんとに困ります!」

次のテーマでは、グループを入れ替えてディスカッションが行われました。

住まいについてみんな同じ悩みを持っていたり、他の人からのアドバイスを貰ったり、あっという間の時間。

午後の部では、収納に関する意見が多数でていました。
そして、京阪電鉄不動産が提案した3タイプの間取りアンケートでも「収納充実3LDK」が1番人気という結果に。

どんな意見がでた?

それでは、今回参加されたママ達が
こんな住まいがいい!
これはオススメ!

という意見をまとめてご紹介したいと思います

【全体について】

・キッチンから洗面所への家事動線が欲しい
・ドアは押したり引いたりするものより、スライドできる引き戸がいい
・コンセントは多めに必要!さらに、上の方につけても便利でオススメ!キッチンにも欲しい
・洗濯→干す→収納の動線が近いほうがいい
・キッチン近くに0.5帖くらいのママのスペースが欲しい
・室内物干しが欲しい(天井から引き出すタイプ)

【共有設備について】

・ストライダーなどが乗れるスペースが欲しい
・マンション内に一時的に子どもを短時間預けられるところが欲しい
・家に届けてくれるクリーニング店がマンション内にあると便利
・ゲストルーム、子どもと行けるカフェスペースなど
・本を読んだり、ワークショップなどが開ける生涯学習センターのようなスペースが欲しい
・24時間捨てられるゴミステーション 

【収納について】

・お風呂・洗面の近くに収納が欲しい
・生活のほとんどがリビングなので、リビング収納は布団が入るくらいあってもいい
・玄関に土間収納が欲しい(ベビーカーや三輪車、ストライダーも置ける)
・脱衣所(洗面所)の近くにウォークインクローゼットがあると便利

その他、意見が別れたものは・・・

・食洗機が必要・不要
・和室の有無
・フローリングの色
・キッチンの規格

などでした!

そして、マンション内でコミュニケーションをとりたいという意見もでていました。

また、送り迎えができずに諦める習い事もあるので、マンション内にそういった習い事の施設があれば安心して行かせられるなど、特に子どもたちが集って宿題や勉強できる共有スペースなどが欲しいという意見も多く聞かれました。

これまでは、マンションとは地域での生活というよりも利便性が求められていた傾向にありましたが、これからはそういったコミュニケーションもとれ、マンション内での住民活動が活発なところが求められるのかもしれませんね。

ご参加いただいたママさん、本当にありがとうございました!!

子どもたちとのご対面〜

このワークショップが終了し、待っていた子どもたちと合流です。

みんなには、卵・乳製品・動物性食品は一切使っていない「ひもねすぱん」の焼き菓子をプレゼント!

元気いっぱいです。

待ってくれていた子どもたちにご褒美タイム。
本当にありがとうございました!

また、今回進行やサポートを引き受けてくださったAsMamaの甲田さんは実は枚方出身!
インタビューコーナーでまた詳しくご紹介したいと思います!

すごくパワーを貰えるインタビューとなったので、お楽しみに〜。

関連リンク
京阪電鉄不動産(公式サイト)
AsMama(公式サイト)